観光のメイン
  観光スポット 一里塚 
慈眼寺
蓮行寺
蓮華寺
釈迦如来座像
もみの木(薬師堂)
天平の丘公園 桜情報
天 平 の 丘 公 園
map35.jpg (125639 バイト)
   天平の丘は、美しい自然林と貴重な
 史跡が調和された面積11ヘクタールの
 「自然公園」です。
  木立の中を小川が流れ、園内には造
 成中に発見された古銭をまつる銭石や
 万葉植物などがあります。
   隣接する尼寺公園や、しもつけ風土
 記の丘とともに古代下野国の風情を偲
 ばせます。

史 跡  小金井一里塚 名 刹  慈眼寺
cn41_7.jpg (23010 バイト)

 JR小金井駅・西口を出ると国道4号線にぶつかり、右折して
少し行く

 この一里塚は、日本橋から22里の地に築かれた。普通、一里塚は、
道を挟んで両側につくられたので、道幅が広がると取り壊されて、現在
残るものは極めて少ないが、この一里塚の場合は新道がわきを通った
ため、保存につながったのであろう。
 以前は、方形をしていたとも言われるが、付近が畑地であったため削
 「宿村大概帳」によると、当時は西側に杉が、東側には松があったと
記されている。現在は、西側にはエノキ、東側にはコナラがある。
 左右の塚とも直径2.7mほどある。
 現在では、全国的にも非常に貴重なものとなっている。

cn41_8.jpg (21650 バイト)





  慈眼寺は、京都醍醐無量寿院の末寺で、本尊は勢至(せい
   1196年(建久7年)新田義兼の開基とされ、新田一族の祈
  願所として建立、代々同氏に保護されてきた古刹である。
   応永年間(1394年〜1428年)には、醍醐寺の俊海僧正を
  迎えて中興第1世とし、これにより醍醐寺の直末となっている。
   江戸時代、日光に東照宮が祀られると、将軍家の日光参社
  の休憩所となっており、かつての休憩所の遺構がみられるほか
  多数の寺宝がある。





              −資料:栃木県の歴史散歩−
     名 刹  蓮行寺 名 刹  蓮華寺
cn41_9.jpg (28688 バイト)
                

−資料:栃木県の歴史散歩−
cn41_2.jpg (18658 バイト)
−資料:栃木県の歴史散歩−
史 跡  釈迦如来座像 史 跡もみの木堂(薬師堂)
 古代下野国の政治・文化の中心地として
 栄えた国分寺には、その繁栄を物語る古墳
 時代から奈良・平安時代にかけての遺跡が
 数多く残されております。
  なかでも、国分寺地区の西部にある天平の丘  公園
 やしもつけ風土記の丘周辺には、大小の古
 墳や寺院跡など、主要な遺跡が集中してお
 り、史跡めぐりの格好の散策コースとなって
 います。また、思川東岸にある親鸞聖人ゆか
 りの蓮華寺、国道4号線沿いにある蓮行寺、
 慈眼寺などの名刹のほか、日光街道の宿場
 町として栄えた小金井には、慶長4年(160
 4年)に築かれた一里塚が残るなど、まるで
 町全体が歴史公園といった感じです
 資料:古代下野国の歴史
 (栃木県立しもつけ風土記の丘資料館)
地 域 情 報 国 分 寺 の 観 光 案 内
見どころ glovbuda.gif (546 バイト)